「ほっ」と。キャンペーン

カナダ生活で感じたこと、考えたこと (Dora's Treasure Box)


by doracanada

食事指導を受けてきました

今日、dietitianによる食事指導を受けてきました。家族の糖尿病歴、前回妊娠時の血糖値の状態(異常があった、なかった、程度の質問)、私の食生活などについて細かく聞かれ、それと年齢、身長、体重、妊娠週数などを考慮して、私向けのダイエットが作られます。これによると、思ったより食べられるんでほっとしています(笑)。今、34週なのですが、この時期、私は毎日1900カロリーほど必要なんだそうです。それをバランスよく、血糖値をなるべく上げない形で摂取できるようなダイエットメニューが提案されます。このとき、私が好んで食べるものの中でいいものがあれば、積極的にメニューに取り入れてくれます。

1時間半のコンサルティングで150ドルかかりましたが、いい勉強になりました。私、もともと食べ物の栄養のこととか知るのが好きなんですよ(笑)。炭水化物や糖を含む食べ物、例えば、穀類やフルーツ、乳製品などは、dietitianの立ててくれたプランに沿って、摂取量を守らなければなりません。でも、それに当てはまらない野菜類は好きなだけとってよし、肉類もプランより少し多めにとってOKだそうです(大量にという意味ではありませんが)。クッキーやケーキ、パイなどとは、出産までさようなら~ですが(涙)、そのほかのものは、ほとんど今まで食べていたのと変わらない量です。いや、プランを見ると、3食の後にスナックを取るようになっているので(フルーツやミルク、ナッツ類ですが)、これなら、今まで以上に食べることになるかも(笑)。こうして見ると、人間の食生活ってきちんとバランスよく食べていると、ケーキなどの甘いものが入る余地ってほとんどないんじゃないかなぁって思います。つまり、きちんと3食バランスよく食べていると、自然かつ健康的にダイエットできるってことじゃないかしら?なんてね。

今回の指導でも、また水分の摂取量が少ないことを指摘されました。ポコを妊娠中にも便秘でエライ目にあっているので、今回は飲んでいるつもりだったんですけどね。dietitianによると、一日にグラス(250ml程度)9杯の水分(水、牛乳、カフェイン抜きのコーヒー・紅茶など)を摂るようにとのことです。うーん、水分だけでお腹一杯になりそうだわ(笑)。ああ、そうそう、果汁100%のジュースは一切ダメだそうです。血糖値を見事に上げてくれるみたいです。

この食事指導でおもしろいなと思ったのは、当然それが日本人向けの指導ではないということ。例えば、勧められる食べ物の中には、味噌とか焼き魚とか、酢の物とか出てきません。でも、ホールウィートのイングリッシュマフィンとか、チーズとか、キドニービーンズとかは出てくるんですね。それにショートグレインタイプの白米は、ほとんど食べられません(玄米ならいいみたいですが)。ガーン!メイド・イン・ジャパンの私の体は、70%白米でできているのにぃ~(涙)。ナッツ類を食べるように強く勧められましたが、うーん、アーモンドやウォルナットなど、嫌いじゃないんですけど、それだけポリポリ食べるほど好きでもない。なんかポソポソしていて・・・。チョコやクッキーに入っているのは好きなんですけどね(笑)。でも、旦那が「お前、栗好きだろう?」といいところに気が付いてくれました。おお、そうだった!栗は、チェストナッツだったっけ!ということで、これからは栗を少しずつ食べることにします。ええ、私は栗モンスターの異名を取るほど栗好きです(笑)。
[PR]
by doracanada | 2007-05-11 03:53 | 妊娠・出産 Part2